FC2ブログ
北米バレエ留学についていった話
京都のはずれにある小さなバレエ教室からいきなり4人の生徒がニューヨークとボストンにバレエ留学をすることになり、教室の先生の配偶者である甲斐性なし旦那が生徒達を引率してひと夏を見守ることになったのだが…
プロフィール

引率の者

Author:引率の者
妻(元バレリーナ)が拾ってくれなかったら、僕はとうの昔に大西洋で魚のエサになっていただろうな。いまは小さなバレエ教室の隅っこで日々たのしく暮らしています。もう大丈夫。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コンテンポラリー
0625.jpg

Kちゃんと8時半に待ち合わせの日は、宿泊先で提供される無料の朝食を食べることができる。ホールウィートパンとシリアル、卵にオレンジジュースのシンプルなものであるが、財政的に非常に助かる。この場合いつものサンドイッチ半分こは僕の昼食となる。保冷剤はなくても大丈夫だろう、どうせ11時くらいには腹が減る。

ABT前に着くとKちゃんに声をかけてくる女の子がふたりいた。そのうちひとりは日本語が話せる。二日目にできたお友達だそうだ。この子にはクラスでいろいろとお世話になっているそうで、まだ英語のわからないKちゃんに学校からの指示や連絡を通訳してくれるのだ。一昨日には飲料水のなくなったKちゃんのために自動販売機で購入するための1ドルを貸してくれたらしい。ふたりにあいさつをして、Kちゃんをおいて残りの生徒の待つ宿泊先にもどる。

今日のステップス組は毎度おなじみサリバン先生クラスにポアントのクラスを追加するらしい。ステップスの受付でひとりだけ受講料金が安かったので、理由を聞くと、すでに1回分の入金が余分にされているとのこと。余分に入金した覚えは無いので、正直に申告するが譲らないので、ありがたく受講させていただくことにして、その生徒には他の生徒に昼食をおごるよういっておいた。

ステップスに生徒を預けていったん宿泊先にもどる。観光のバックパッカーが集まる場所ではあるが、1階のカフェテリアには多数の宿泊客が各々のモバイル端末に向かい、また天井から下がる大型液晶ディスプレイに見入っていた。ワールドカップはブラジル対ポルトガルの強豪同士の白熱した試合が展開されていたが、いずれの国からの旅行客もいなかったようで騒ぐ者はなかった。試合は引き分けた。外は連日の猛暑で例年にない高湿度のため誰も日中の観光には出たがらない。昼間はこうして体力を温存し、夜の街へ繰り出し酒と踊りの日々をすごしているのであろう。宿泊先の張り紙には毎週金曜日の夜に5階層のそれぞれでヒップホップ、ハウス、ロック等の違ったジャンルをのせる大型クラブへのツアーの参加者をつのっている。

作業をして時間がきたので、生徒を迎えにいった。ボストンに旅立つ前にもう少しだけトラベラーズチェックを現金化したいというのでタイムズスクエアへむかう。ボストン組がひと月以上住むことになる大学寮はボストン郊外の閑静な地域にあり、高級住宅街であるその周辺にトラベラーズチェックを受け付ける店舗があるかは未知数だ。途中あの「心配ないさ」のミュージカル劇場前をぬけて、あの楽しいエレベーターに乗りふたたびアメリカンエキスプレスのオフィスで手続きをする。タイムズスクエアからの帰り道で何軒かの日本食レストランを発見する。皆そろそろ日本食が恋しくなってきたという。値段はおろしうどん一杯が10ドルと日本で食べるそれとは3倍以上の値段がするうえに量も少ない。何か緊急で満たさなくてはならない心労時のみお世話になることであろう。

Kちゃんを迎えにいった帰りの道で本日の授業の様子をたずねると、とても怖い先生がいたらしい。私語の耐えない生徒を容赦なく叱るらしい。叱られるのは大抵地元の子達。Kちゃんもトラベラーズチェックを現金化したいというのでふたたびタイムズスクエアへむかう。

タイムズスクエアの中心に長い行列ができていた。人々はちいさな鍵をうけとったり、電話帳大の目録を繰っていたので、どうせまた宗教団体の啓蒙活動かなにかだろうといぶかしんでいると、Kちゃんがこれを日本のテレビで見たというので聞いてみると、これは博物館主催のイベントで、ここで登録した人は鍵を受け取り、博物館に行くと無数の鍵のついた引き出しのある部屋にとおされる。この引き出しそれぞれにはスペース等の都合で普段博物館の展示には出されない様々な所有物がはいっており、その引き出しと適合する鍵を持つ者だけが中の品物を見ることが出来る。普段ひとの目に触れることの無い、自分だけの博物的根拠を実証することが出来るという好奇心探究心に訴えかける大変おもしろい企画だ。時間のあるときに並ぼうと約束する。

ボストンへの出発を一日前にして洗濯をしておこうということになったので、コインランドリーにむかう。今日はあのスペイン語しか話さないおばあちゃんがいない。洗濯の方法は前回で理解できて、日本の洗濯機よりも遥かに早く洗濯できることがわかっていたので、洗濯中はコインランドリーの中で待つことにした。待っている間に明日の予定について確認をする。はじめてタクシーに乗ることになるので乗車料金とチップの支払い方をこまかく説明する。

マンハッタンの移動にはチップは一律1ドルで良いが、スーツケースが複数ある場合はスーツケース1つにつき1ドルのチップと計算する。また1ドル以下の端数は繰り上げて計算すれば良いだろう。つまり乗車料金が4ドル50セントでスーツケース2個の場合はチップ2ドルで端数を繰り上げて7ドルをわたす。アメリカでは瞬時におおざっぱな計算をすることがよくあり慣れておかなければならない。

KちゃんがABTの授業で習ったコンテンポラリーの動きについて皆に踊って見せていた。ステップスでは結局体験することのなかった踊りだ。日本人には難しい動きであるが、こちらの同世代の生徒たちにも初めての動きであるらしく苦労をしているそうだ。

洗濯が終わり食事のリクエストを聞くと、ボストン組はNY最後の夜なので初日に入ったイタリア料理店で食べたいという。たまには贅沢でもいいかもしれない。

洗濯物をおいてそのイタリア料理店に入るとちょうど入り口近くのテーブルが空いており、4人がけのところにみんな小さいので5人で座らせてもらう。いつものやさしいウェートレスのおねいさんはなんとこの店のオーナー夫妻の娘さんであった。この店が出来てから数十年この店とともに育ち働いているのだ。

最初のオーダーはカラマリいかのフライ、器いっぱいのカラマリいかにレモンを絞り特性のトマトソースにからめてから食べる。揚げ具合が絶妙で身と衣が別れない。次にピザ・マルゲリータ、4等分になっているので生徒たちに分け与える。ピザ生地のみみの部分までおいしいとのこと。メインはムール貝のリングイーネ。ムール貝がお皿いっぱいに敷き詰められたうえにパスタとトマトソースがのっている。なによりもそのトマトソースにムール貝のうまみが重なり力強い海からの息吹を感じた。子供にはもったいない。

とても素晴らしい料理であることをつたえると水ついでくれた男性店員がそのパスタが彼が厨房でつくっていたとのこと。皆もう少し食べられるというので、シュリンプ・カクテル2皿を追加注文した。ゆでた大型のエビが14尾氷の上にのって出された。サルサソースも自家製で香辛料の配合がまことにさわやかであった。支払いはチップもふくめて全部で120ドル、かなりの散財であったが、大変満足できた。生徒たちは両親に自慢すると良いだろう。

明日は6時の集合をつたえて解散。宿泊先は明日いったん引き払うことになるので荷造りをしてから就寝する。明日はいよいよボストンだ。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術



トラックバック
トラックバック URL
→http://balletseaman.blog87.fc2.com/tb.php/9-4b21d10a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。