FC2ブログ
北米バレエ留学についていった話
京都のはずれにある小さなバレエ教室からいきなり4人の生徒がニューヨークとボストンにバレエ留学をすることになり、教室の先生の配偶者である甲斐性なし旦那が生徒達を引率してひと夏を見守ることになったのだが…
プロフィール

引率の者

Author:引率の者
妻(元バレリーナ)が拾ってくれなかったら、僕はとうの昔に大西洋で魚のエサになっていただろうな。いまは小さなバレエ教室の隅っこで日々たのしく暮らしています。もう大丈夫。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タイムズ・スクエア
0624.jpg

Kちゃんは9時からヨガクラスがあるので、7時半に宿泊先前に集合。いつものようにレニーズでサンドイッチをつくってもらい二つに切って別々に包んでもらう。ABTから戻る途中、地下鉄駅のほうから日本人のABT生徒の集団を見かける。Kちゃんと同じくらいの年齢なのにお化粧をばっちりきめて気合い十分だった。こちらの同世代の子供はお化粧もするしピアスもする。もちろんしない子もいる。これはこちらの標準なのだ。郷に入っては郷に従えでも良い。それも正解だ。

ユニオンスクエアで分けたのこりのサンドイッチをたべる。毎度おなじみのリスがこっちを見ていた。

宿泊先前で今度はのこりの生徒と集合し、トラベラーズチェックを現金化するために、両替商をさがして出発をする。昨日中にタイムズスクエア近辺の両替商の所在地をインターネットで調べておいた。さすがに観光客の多い場所とあって、信用できそうなお店が2軒近接している。

タイムズスクエアまでは歩ける距離なのだが、近づくにつれて町の様子が大きく変わって行く。宿泊先の周辺の建物はほとんどがアパートで1階部分にレストランや雑貨屋等の店舗が並んでいるのだが、タイムズスクエアに近づくと、それぞれの建物ひとつひとつにミュージカルの舞台が入っていて、新しい作品が脚本家作曲家演出家の血反吐の上に上演されては、嘲笑と唾棄の下に姿を消して行く。全米各地から、夢と希望をいだいて上京してくる高校ミュージカルスターたちも大半がここで夢ついえて道ばたに丸裸で放り出される。もう帰郷するお金もない。

タイムズスクエアは映画だ。ある時は暴走車が何故か俊敏によける人々をなぎたおしながら突き進んだり、巨大原子力怪獣によるすべてを焼き尽くす終末の火炎できれいきれいしたり、ゾンビーの群れが練り歩いているはずなのに、どれも普段の街の様子とさして変わらなかったりする現実と仮想をつなぐポータル、そうここは三途の川。

両替商2件にたずねるといずれもタイムズスクエア観光案内所にいけと言う。観光案内所はこの劇場街のどまんなかにある。案内所にはミュージカルはもとよりバスやヘリコプターツアー等の各エンターテインメントのチケット売り場があり、土産物売り場、どうみても証明写真にしか見えないプリクラ機、公衆トイレ等が並ぶ奥に道案内のコーナーがある。道案内は学園祭の出店よろしく折りたたみの出来る長机とパイプ椅子。そこに若い男とその弟かとおもわれる幼い男児がふざけあっていた。

いぶかしく思いながらも彼らがスタッフTシャツをきていたので、トラベラーズチェックの現金化のできる場所をたずねると、即答。「アメリカンエキスプレスのトラベラーズチェックならマリオットホテルの8階にオフィスがありますので、そこで現金化してください。(キリッ」

マリオットホテルは通りをはさんで斜め向側にあった。その我々貧乏学生旅行にはまるで縁のない高級な建物におそるおそる入ると最新式の予約制エレベーターに乗って8階へ。エレベーターホールにある基盤で行く先階を入力し指示された名前のエレベーターに乗るというシステムを理解できていなかった我々は、あやうくその高速エレベーターで雲より高く打ち上げられてしまうところであった。6階で他の客の乗車があったので飛び出し、あわてて8階の入力をやりなおす。

アメリカンエキスプレスのオフィスでは問題なく現金化ができた。トラベラーズチェックの使いにくさが露呈してきたのでこのオフィスの存在がありがたい。また来るのだろう。下りのエレベーターがあまりに早いのでかなりの間低重力を楽しむことができたが、見る見るせまってくる地面をみて、落下して叩き付けられるようなスリリングな感覚を覚えた。また来るのだろう。

ステップスのクラスまではもうしばらく時間があったので、タイムズスクエアを観光して回ることにした。思えばここにきてからあまり観光らしいことをしていなかった。ウォンカの製菓工場のようなハーシーズ専門店、チョコレートよりもグッズ販売に躍起なM&M'sの専門店を巡る。

トイザラスにもたずねようという、僕一人のたっての願いでそちらに向かう。途中でスポンジボブの着ぐるみが愛想を振りまいていて、観光客と写真をとっていたのだが、見るとそのボブ某の腰のあたりに「2ドル」と書いた集金箱がぶらさがっていて、写真を撮った観光客から彼らの家族写真への出演料をたかっていた。たぶんニセモノだ。

トイザラス内部には観覧車があり家族連れが列をつくり乗り込んでいた。わずか直径6メートルほどのホイールに有名漫画キャラクターをあしらったゴンドラがぶら下がっている。少し回してはお客を入れ替え、また少し回してはお客を入れ替えているので、観覧車として回転している時間が短くスティッチやアラジンのゴンドラの上でみんなとても暇そうだ。ゴンドラ上にシートベルトで固定されているので、体の向きを変える訳にもいかず。ただただ審判を待つ亡者依然としてそこにたたずむのであった。

上の階にはお菓子の目方売りコーナーがあったので、アメリカ特有のお菓子をいくつか試しに購入してみることにした。「トゥイズラー」は赤いゴムチューブのような形状の、というよりは赤い絶縁チューブそのものだ。甘いか甘くないかの違いしかない。その他、毒虫やミミズ・ゲジゲジ・臓物・歯茎の形状の悪魔グミ。中心に何かよくわからない、説明書きの英語を読んでもよく知らないもの、が入っているチョコレート等をバレリーナとして許される範囲で。購入していた。

その後ステップスへ向かう。今日は11時から12時半までのクラス。毎度おなじみのサリバン先生のクラスだ。生徒たちの受講受付のついでにレッスンCDを購入する。昨日生徒がプレゼントされたCDを除くすべてのステップス謹製レッスンCDだ。パッケージから見るに、当スタジオで過去に購入したことのあるものがふくまれているような気がしたが、かまわず購入。だぶっていればお使い物にでもすればいいのだ。

生徒をステップスに預けてから2時間ほど自由になるので作業場所をもとめてアップルストアをたずねると、何やら新製品の発売日だそうでビッグウェーブな人々が列を作っていた。なかで作業できる状態ではなかったので。その近くにあるパブリックスペースに入り、エアコンのない中ラップトップで作業をする。ログ書きの他、生徒から預かったお小遣い帳の確認をする。子供だけで生活費の管理をさせているのだが、いまのところうまくやっているように見受けられた。帳簿のつけかたの初歩を教えたいのだが時間はあるのか?

時間が来たので生徒を迎えに行き、宿泊先に送り届けたあと、タイムズスクエアに靴を買いに出かける。日本を去ってからここまで履き続けた皮のスニーカーだが、もともと長距離のウォーキングにむく靴ではなく、日々の移動で徐々に足に負担がかかるようになってきた。一日の行程を終えて宿泊先に戻る頃には足先が痛んで歩みが遅くなった。地下鉄駅の階段を上がる一段ごとに足の指が悲鳴をあげた。これでは先が思いやられる。就寝前に素足を確認したところ、直径1センチていどの水ぶくれが無数にあり、バレリーナの足かとおもうほど無惨な状態になるところであった。

もうこれ以上この靴での歩行は困難と判断し、店員さんに「歩きやすい靴がほしいんだよぅ。もう歩けないんだよぅ。」と相談すると、ナイキのランニングシューズを紹介してくれた。サイズは幅広の日本人足であるため少し大きい10を選んだ。むかし幅の足りない9を履いてえらい目にあった記憶がある。

店の前で靴を履き替える。足が解放されていくのがわかる。おれはまだまだ歩ける戦える。

KちゃんとABTから戻ってからみんなで夕食、野菜を多めに食べさせる。明日の打ち合わせをしてから、スーパーマーケットで買い物。もうボディーソープが無いらしい。ニューヨークを出るまでの食料や水も一緒にショッピングカートに放り込んでレジに預けると50ドルを超えていた。

いい機会なのでKちゃんの100ドルのトラベラーズチェックで支払いをすることにする。昨日、スーパーマーケットが提示した条件に適合するからだ。つまり、トラベラーズチェックでの支払い条件として、購入金額がチェックの額面の50パーセントを上回る必要があるということだ。今回は問題ない。

トラベラーズチェックの扱いになれていない店員は、その処理のやりかたを方々にたずねるがあいにくわかる人が不在だった。しばらくわからない店員同士のすったもんだのあげく支払いをなんとか完了したの時はレジについてから10分以上も経っていた。我々のあとにならんでいる客もいて、生徒がきまずそうにしているので、日本とは違ってこの国ではこれくらいのことでは誰もイライラしないし、顧客の当然の権利としてトラベラーズチェックを使うのであるから、終始堂々としていればいいと教えた。

明日は8時半にKちゃん、他の3人は9時半に集合だ。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術



トラックバック
トラックバック URL
→http://balletseaman.blog87.fc2.com/tb.php/8-e85020fc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。