FC2ブログ
北米バレエ留学についていった話
京都のはずれにある小さなバレエ教室からいきなり4人の生徒がニューヨークとボストンにバレエ留学をすることになり、教室の先生の配偶者である甲斐性なし旦那が生徒達を引率してひと夏を見守ることになったのだが…
プロフィール

引率の者

Author:引率の者
妻(元バレリーナ)が拾ってくれなかったら、僕はとうの昔に大西洋で魚のエサになっていただろうな。いまは小さなバレエ教室の隅っこで日々たのしく暮らしています。もう大丈夫。



最新記事



最新コメント



最新トラックバック



月別アーカイブ



カテゴリ



検索フォーム



RSSリンクの表示



リンク

このブログをリンクに追加する



ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる



QRコード

QR



スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ステップス
0619.jpg

やっぱり時差ぼけなので、早起きしてしまった。といっても昨晩だけは良いお部屋なので熟睡できて6時起き。日記を書きながらテレビをつけて番組をまわしていると、おとなチャンネルが映って一瞬あせる。なんかおばちゃんが動いているような内容ですぐに消し、少し早いが生徒たちが宿泊している宿まで徒歩でむかう。

9時に宿泊先前に集合。レニーズで朝食をとることにする。なにを注文していいのかよくわからないので、迷っていると韓国系の店員おねいさん(LOSTの韓国人おねいさん似)が親切に教えてくれて、サンドイッチを3個たのむ。量が多いので半分に切り分けてもらって6個にし、それぞれ1つずつたべると十分だった。残り一つはきりわけてみんなで食べた。レニーズの店員さん達が親切なのもバレエ女子効果健在だから。

食後にお小遣い帳のつけかたを教えた。まずは支払ったものを全部羅列することから始める。徐々に会計としてふさわしいものにしていく予定。開いた欄にはその日の日記をつけること。今日で2日目なので、今夜は二日分の日記を書くことになるのでちょっと大変かもしれない。日記の内容は「見たこと、体験したこと、気づいたこと」を書くこと。学校でよく指導される「思ったこと」はいらない。後で見直して楽しいものをつくることをこころがけること。以上。

出発。食料の買い出しにスーパーマーケットに向かう前に、宿泊先の調理設備を今一度確認させる、冷蔵庫、食器類等。朝食は宿泊先で簡単なものを食べて、出来るだけ節約に励むべし。買い物カートを押しながら、くだもの、サラダ、ペットボトルいり徳用飲料水12本、牛乳、ヨーグルト、ドレッシング、そしてシリアル2種は日本に無いものに挑戦。食器はプラスチック製、洗剤、スポンジ。Kちゃんが代表してトラベラーズチェックで支払いする。後でみんなで割ること。

みんなで購入したものをいったん宿泊先まで運ぶ、水重いので僕がんばった。生徒たちと同居のおねいさんに会ったので挨拶する。いい人そうなので安心。品物を冷蔵庫にしまうと今度はアメリカンバレエシアターとステップスの下見をしに出かける。Kちゃんはあさってから早速授業が始まるし、ボストン組はこれから一週間ステップスのオープンクラスを受講することになっている。

地下鉄タイムズスクエア駅で地下鉄乗車券である「メトロカード」を購入する。ボストンバレエ組は一週間有効のフリーパス、ニューヨーク組は一ヶ月有効のもの。自動改札ではメトロカードの読み取りに苦労する、なにか絶妙なスピードでカードを読み取り機にスライドすることが必要らしい。慣れなくてはならない。

地下鉄でユニオンスクエアへ。地上にでると、青空マーケットだった。リンゴ1袋で1ドルとか、いろいろ安そうなので、また来ることにしよう。

看板がないのでABTは見つけるのに苦労した。バレエ的なプロっぽい人でも歩いていてくれればわかりやすかったのに。890 Broadwayの殺風景なビル受付でインド系の警備員おじさんに訪ねると、そのビルこそがABTだった。来週からはにぎやかになることだろう。

また地下鉄に乗り今度はステップスに向かう、これも八百屋のうえにあったので見落とすところだった。受付3階にあがるといきなりバレエな世界が広がる、完全にオラオラな雰囲気なので生徒一同いっきにテンションがあがる。しばらくクラスを見学。受付おねいさんに受講の方法を教わる、書類を各自一枚かくこと、予約はいらない。生徒たちのことを話し、受講クラスを提案してもらう。ついでに最寄りのバレエショップを教えてもらい、そのカペジオというお店まで歩く。暑くなってきた。

店では店員さんに質問や試着は各自でがんばって英語をはなすことにした。「ゆびさし英会話」を片手に一生懸命英語ではなす。えらい。僕手伝わない。Nちゃんがレオタードを探し、MちゃんとSちゃんがキャラクターシューズとキャラクタースカートを探す。試着もしてみる。他の店も見たいのでまだ買わない。カペジオ本店のあるシアターディストリクトにはまたもや青空マーケット、ユニオンのそれよりは多国籍。カペジオ本店はでかい。同じように物色試着、Nちゃんレオタード購入。

次に2ブロックほど離れた、サンシャに行く、キャラクターなんとかはほとんど同じ感じ、大人用レオタードに超かっこいいのがある。それからグリシコへ、ちいさい古いビルの2階、1階に入り口でブザーを鳴らして扉をあけてもらい、階段を2階へ。完全に他3店とは違う高級感あふれるプライベートな空間。プロっぽいバレエの人がポアントを試着中。店員さんは「あら、いらっしゃい」的なおにいさん。キャラクターシューズを聞くと一足210ドル、プロ用無理無理絶対無理。有名になってから来てね。

カペジオ本店に戻りキャラクターなにがしを購入、ヨガ用品店を教えてもらうと最初のカペジオの近くだった、戻る。ヨガ用品店は有名なリンカーンセンターの前にあった。ヨガマットを全員購入。みんな英語になれてきた様、店員さんの質問にも答えている、感心感心。

帰りにリンカーンセンターによる。ニューヨークにおける北座南座、ABTとニューヨークシティ・バレエ(NYCB)がしのぎを削る。それぞれ公演案内をもらう。近いうちにどれか観に行こう。当日はコジョカルさんの公演の日だったので人がたくさん出てきた、レッスン着のままのちびっ子がいた。

宿泊先に帰り荷物をおいて、ふたたびレニーズに。サラダをたくさん食べましょう。大きいサイズのサラダボールにグリルドチキンをのせてもらったのを2つ。生徒たちの宿泊先前で解散。明日の集合は9時。

僕の予約していた宿泊先が急遽改装工事のため別の系列店に飛ばされる。入り口に「将軍」をなのる輩とその連れがいてうるさい。忍者の「忍」の字を教えろといわれた。覚えたらもっと忍んでくれることを期待する。以前にキャンセルした他の宿泊先の確認に、ふたたびユニオンスクエアへ。この時間帯はわかものの街だった。みんな道で踊ったりチェスをしたりしていた。

新しい宿泊先に帰ってシャワーをして寝る、4人部屋。ひとりが先に寝ていた。じーっと見ていたら「あんまり見ないでくれ」といわれた。すまない。
スポンサーサイト

テーマ:バレエ - ジャンル:学問・文化・芸術



トラックバック
トラックバック URL
→http://balletseaman.blog87.fc2.com/tb.php/3-7faeb364
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。